うちわの歴史

高松塚古墳の壁画では女官らしき人がうちわを持っています。この時のうちわは日よけとともに威儀を表すための道具でした。大相撲中継で行事が持っている軍配は正式には軍配うちわです。本来は戦いの際の軍師が号令をかける時に使用したものです。うちわは、古くは威厳を表すための道具でした。そのため古来のうちわのつくりは華麗であったり重厚であったりします。時代が下って、うちわの進化型として扇子が登場します。

扇子は主に公家階級が使用し、うちわは僧侶や武士に使用されやがては庶民にも広がりました。夏の暑さを和らげる道具として普及したのは中世以降の話です。室町時代には現在のような竹の骨を利用し紙を張るようになりました。頑丈で安価なものが開発されると一気に庶民にも普及し江戸時代には夏の涼をとる道具として武家から庶民にまで使用されるようになりました。どこへ行くのも徒歩だった時代、携帯もできる扇風器として大いに重宝したものと思われます。

風を起す道具ですから虫よけや火をおこす道具としても活躍したので、どの家でもうちわの一つや二つは持っていたのです。江戸時代には浮世絵や庶民向けの読み本の発達とともに木版技術が発達し、うちわ絵も大量生産が可能になったのです。大量生産出来る事が起因となって商店が自分の商品や商標などを刷り込んだ宣伝用うちわが登場したのです。また、昭和中期になるとプラスチックをうちわの骨に利用するようになり、現在のように無料で配られる夏の宣伝用品として大いに普及しました。一方で、デザインを楽しみながら涼をとるうちわもたくさん販売されています。エコでおしゃれなうちわにはどのようなものが有るのでしょうか?

▼特集
自分の好きなデザインでうちわを制作する事の出来るうちわの通販サイトです →→→ うちわ 通販